本日 176 人 - 昨日 232 人 - 累計 176255 人
RSS
いやはや・・12月になってしまいましたね~

これから色々なイベント 落ち着かない日々が続きます

毎年 孫達のクリスマスプレゼントには悩まされます・・

でも その時の笑顔が爺様には最高のプレゼントですからがんばんないとね

今回のランチはA,Bともに初登場です

Aランチ

『カキフライの玉子とじ丼そばセット』

気分だけでもチョコット贅沢!
牡蠣とじ3










Bランチ

『エビあんかけチャーハンとら~めんセット』
あんかけb

ご記憶に有る方もいらっしゃると思いますが

2001年のしし座流流星群の素晴らしい今世紀最大級の天体ショーでしたね~

9328_chart今年もやってまいりましたが・・・・・

11月18日、しし座流星群の活動が極大となる。

予測極大時刻は1時ごろで、18日の未明から明け方にかけてが見ごろとなる。

月明かりの影響がまったくない点では好条件だが、近年の活動は低調なので多くても1時間あたり5個程度、

空が明るいところや視界が開けていないところではほとんど見えないかもしれない。あまり期待せず、防寒の準備をしっかりして運試し程度に眺めてみよう。

1999年や2001年の大出現が有名なしし座流星群は、テンペル・タットル彗星の通

り道を毎年この時期に地球が通過し、そこに残されていた塵が地球の大気に飛び込んで上空100km前後で発光して見える現象だ。

さて予想は裏切られるのか・・・

zin2最近写真の著作権についてこんな話を聞きました。

「自治体でフォトコンテストが毎年開催されています。

昨年のコンテストに応募ましたが、残念ながら選外でした。

ところが、
今年のコンテスト募集のチラシに
その選外の写真が掲載されていました。

選外なのに事前の連絡もないのに、なぜ?」


通常のコンテストで入賞すると賞金が出る事が有ります。

昔は入賞するとネガ、ポジつまりフイルムの提出が発生します。

ようするに作品の買取と言う事です。

しかし今回のお話のように選外の作品でこのように何かの媒体で使用する事は

殆ど有りませんでした。

昨今のフォトコンテストの応募ではデジタルファイルでの

応募が増えてきましたのでこのような事態が起こってしまうのですね。

応募要項を見ると通常入賞作品は開催側に帰属する旨が謳っております。

しかしコンテストによると応募作品すべてが開催側に帰属すると書かれて有るものも有るようです。

何と言う姑息な手段でストック画像を増やして様々な媒体で使用する。

今までは必要な画像はお金を払って借りたものですが・・・

プロ写真家が所属する
「日本写真家協会 JPS」の10月会報誌でも

写真コンテストが
「なんにでも使える写真データを安価に
集められる手段」になることを懸念した
記事が掲載されています。